FPの学習内容

FP(ファイナンシャル・プランナー)は、お金に関するホームドクターと言われています。お金に関する悩みにも、いろいろなものがあります。それは、資産運用に関する悩みかもしれませんし、相続に関する悩みかもしれません。あるいは、年金や保険に関する悩みかもしれませんし、不動産に関する悩みかもしれません。

そうした、お金に関する悩みを抱えているとき、一体だれに相談すれば良いのでしょうか?
資産運用なら税理士、相続なら弁護士、年金・保険なら社会保険労務士、不動産なら不動産鑑定士の名前がパッと思いつくかもしれませんが、それでは、いくつかの悩みが絡み合っているケースではどうでしょうか?

そこで登場するのがFPです。
FP自身が、お金に関する悩みそのものを解決してくれることはあまりありません。むしろFPの仕事は、お金に関する悩みを聞き、その内容を整理し、解決への「処方箋」を示してあげることにあります。場合によっては、適切な専門家を紹介するといったこともあるでしょう。

そのため、FPには、相談内容を的確に把握し、問題の所在を明らかにできるだけの、お金に関する確かな知識が求められます。その上で、各種専門家への橋渡しをするわけですから、資産運用、不動産、年金、保険、それらに伴う法律や税金などについての広範な知識が必要になってきます。もちろん、単に橋渡しをするだけでなく、FPの「P」はプランナーの「P」ですから、自らさまざまなプランを立案して、相談者の依頼に応えます。
言うなれば、こうした、お金に関する広範な知識と、ファイナンシャル・プランニングに関する技術をきちんと保有しているかどうかを検定するのが、FP試験というわけです。

FPには、お金に関する広範な知識と、FP特有の技術の両方が求められるため、試験対策として受験生が学ぶべき事柄も、たいへん多くなっています。そのため、「何から手を着ければ良いのかわからない」「どのように勉強すれば良いのかわからない」といった声もよく聞くところです。本サイトでは、FP試験の勉強法について、さまざまな角度から紹介していますので、FP試験への挑戦を考えている受験生は、ぜひ参考にしていただければと思います。

tags: FP,勉強法

>>FP試験に短期間で合格できる話題の勉強法