FP試験の概要

FP試験の勉強法について述べる前に、まずはFP試験の概要について確認しておきたいと思います。というのも、FP試験は、他の国家資格試験と比べて、仕組みが少々複雑だからです。まずは、FP試験の概要をしっかりと理解した上で、それぞれに合った適切な勉強法を選択するようにしてください。

FP試験には、いくつかの種類があります。
FP試験、正式には「ファイナンシャル・プランニング技能検定」というのですが、この技能検定にはまず、難易度に応じて、1級~3級までのレベルがあります。ここまでは、英検や簿記などと同じなのですが、それに加えて、AFP・CFPという、別系統の試験も存在します。「ファイナルンシャル・プランニング技能検定」に合格することによってなることのできるFP技能士が国家資格であるのに対して、AFP・CFPは民間資格であるというのが、両者の最大の違いです。とは言っても、どちらも同じくファイナンシャル・プランニングに関する資格ですから、共通点も多々あります。このページでは便宜上、「ファイナンシャル・プランニング技能検定」に絞って、FP試験の概要について説明したいと思います。

試験日程

年3回(5月、9月、1月)実施されます。

受験資格

3級:なし
2級:「3級合格者」または「実務経験2年以上の者」など
1級:「実務経験5年以上の者」または「2級合格者で実務経験1年以上の者」など

試験内容

FP試験は、1級~3級まですべて、学科試験と実技試験によって行われます。学科試験の内容は、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業承継」の計6分野で、これは1級~3級まで共通です。ただし、問われる知識は、級が上がるに従い、当然高度かつ広範になります。
実技試験では、「個人資産相談業務」などに関する知識と技術が問われます。2級~3級は記述形式ですが、1級だけは口頭試問形式になっています。

合格基準

問題数や配点の違いはありますが、いずれの級の学科ならびに実技試験においても、合格ラインは「6割以上」と定められています。

tags: FP,試験

>>FP試験に短期間で合格できる話題の勉強法