独学のメリット・デメリット

FP試験の勉強法には、「独学」「通学」「通信」という3つの方法があります。このページでは、独学のメリット・デメリット、ならびに独学が向く受験生タイプを紹介しますので、勉強法を選ぶ際の参考にしてもらえればと思います。

独学のメリット

FP試験に独学でチャレンジすることのメリットは、大きく2つあります。
メリットその1は、受験対策に費やす金額を安く抑えられることです。FP試験対策講座の受講費用は、通学なら10万円、通信なら5万円を超すことが珍しくありません。それに対して独学の場合、実質かかるのは市販のテキスト代くらいですから、1万円前後に抑えることができます。
メリットその2は、自分のペースで学習できることです。講座の開始時期を気にせず、「FPの勉強をしたい!」と思い立ったときに、すぐに受験勉強をスタートできる点も独学だからこその魅力と言っても良いでしょう。

独学のデメリット

FP試験に独学でチャレンジすることのデメリットも、大きく2つあります。
デメリットその1は、受験対策に関する事柄のすべてを自分で行わなければならないことです。通学講座がなぜ高額かと言うと、試験本番まで、さまざまな面で受験生をサポートしてくれるからです。逆に言えば、独学が低額で済む理由は、そうしたサポートが一切受けられず、テキスト選びに始まり、学習計画の立案、日々の学習の進捗管理、試験情報の収集に至るまで、すべて自分でこなさなければならないからに他なりません。
デメリットその2は、通学・通信と比べて、合格率が低いことです。特に、初学者の場合、この傾向は顕著です。講師の解説を聴きながら学習するのと、ただテキストを読むだけなのと、どちらが理解しやすいかを考えれば、当然と言えます。また、デメリットその1でも触れた通り、独学の場合には自分でしなければならないことがたくさんあり、結果として学習に専念できないことが、低い合格率につながっている部分もあるでしょう。

独学が向く受験生タイプ

独学が向く受験生タイプは、FP試験への挑戦が2回目以降の受験生です。2回目以降であれば、既に受験勉強の勝手はわかっていると思うので、「受験対策に関する事柄のすべてを自分で行わなければならないこと」も、それほど苦にはならないと思います。ただし、独学でチャレンジして何度も不合格になっている受験生は、独学という勉強法が向いていない可能性もあるので、そこは2回目以降であっても、通学または通信講座の受講を検討することをおすすめします。

tags: FP,独学

>>FP試験に短期間で合格できる話題の勉強法