通学のメリット・デメリット

FP試験の勉強法には、「独学」「通学」「通信」という3つの方法があります。このページでは、通学のメリット・デメリット、ならびに通学が向く受験生タイプを紹介しますので、勉強法を選ぶ際の参考にしてもらえればと思います。

通学のメリット

FP試験に通学で挑戦することの最大のメリットは、受験勉強に集中できることです。受験生なのだから、受験勉強に集中するのは当たり前と思うかもしれませんが、これが意外と難しかったりします。たとえば独学の場合には、受験勉強を始める前に、まずはテキストを選ばないといけません。そして学習スケジュールを立てなくてはいけません。受験勉強開始後も、試験に関する情報収集など、やるべきことはたくさんあります。しかし、これが通学であれば、学習以外のことはほとんど学校側がしてくれます。つまり受験生は、雑事に煩わされることなく、受験勉強に集中できるわけです。

通学のデメリット

FP試験に通学で挑戦することのデメリットとして、まずは費用が高額であることが挙げられます。学校によって金額は多少異なりますが、10~15万というのが、FP試験対策講座の受講料の相場となっています。もちろん、通学の場合には、学校まで通わなくてはなりませんので、そこにさらに交通費分の金額が加算されます。
ただし、費用に関しては、それで合格できるのであれば安いものとも言えます。それよりもむしろ、通学のデメリットとして見逃してはならないのが、講義の質にバラツキがあることです。特に大手の受験指導校の場合には、大勢の講師が在籍しています。そして、その中には当然、教えるのが上手い人もいれば、そうでない人もいます。せっかく15万円も払ったのに、ハズレの講師に当たっては泣くに泣けません。

通学が向く受験生タイプ

テキスト選びに始まり、学習計画の立案、日々の学習の進捗管理、試験情報の収集に至るまで、すべてを学校に任せて、自分は勉強に専念したいという受験生に、通学はおすすめです。
雑事に手を煩わされることがないため、忙しい受験生も通学が向いているように思えますが、これは一概にはそうとは言い切れない部分があります。なぜなら、通学という勉強法は、時間と場所の制約を強く受けるからです。決められた時間に、決められた場所まで通わなければならない通学は、忙しい受験生とはあまり相性が良くありません。むしろ、社会人でも比較的時間に余裕のある人や、退職後のシニア、学生などの方が、通学に向いていると言えます。

tags: FP,通学

>>FP試験に短期間で合格できる話題の勉強法