おすすめの通信講座

FP試験の勉強法として、最近、通信の人気が高まっています。
「通信のメリット・デメリット」のページでは、そんな通信のメリット・デメリット、そして通信が向く受験生タイプなどについて解説しましたが、そのあたりのことをきちんと踏まえた上で、自分に合った良質な講座を選ぶことができれば、受験勉強を有利に進めることができるのは間違いありません。
では、「良質な講座」とはどんな講座なのでしょうか?このページでは、数ある通信講座の中から、おすすめの講座をいくつかピックアップして、その特徴を紹介したいと思います。

「フォーサイト」のFP講座

フォーサイトは、日本FP協会の認定教育機関であるため、ここの「2級FP技能士講座」を修了し、FPの本試験に合格すると、2級FP技能士とAFPという2つの資格を取得することができます。
そんなフォーサイトのFP講座の特徴は、通信講座の価格で、通学講座並みのサービスを受けられる点にあります。「通学講座並みのサービス」というのは、具体的に言うと、臨場感あふれる講義DVD、プロのノウハウが凝縮されたフルカラーテキスト、各種情報提供を始めとした万全のサポート体制のことを指します。これらが、わざわざ学校に通わずとも、いつでも・どこでも受けられるわけですから、フォーサイトのFP講座は「通学講座並み」というよりは「通学講座以上」と言っても良いかもしれません。

「ユーキャン」のFP講座

通信教育の最大手「ユーキャン」が手掛けるFP講座です。
ユーキャンのFP講座の最大の特徴は、その知名度の高さにあります。広告宣伝の効果もあって、多くの受験生たちがユーキャンを利用していて、FP試験の全合格者の約9人に1人がユーキャンの受講生とのこと。その意味では、実績もあり、また質問サービスなども実施しているようなので、安心して受講できる通信講座のひとつと言えます。
ただし、ユーキャンのFP講座の弱点は、テキストのみで、講義メディアがつかない点です。これでは、いくら質問受付サービスがあるとは言っても、初学者には少々ハードルが高いと言えそうです。

「きんざい」のFP講座

FP試験の実施団体である「きんざい(金融財政事情研究会)」が手掛けるFP講座です。
通信講座というよりは、添削講座に近い内容ですが、FP試験の実施団体が運営する講座だけに、学習内容にはムダがありません。
ただし、諸々なサポートは期待できませんので、あくまでも独学の延長線上くらいの気持ちで利用した方が良いでしょう。

tags: FP,通信

>>FP試験に短期間で合格できる話題の勉強法